強化プラスチック(FRP)メーカーの北関工業 株式会社(埼玉県草加市-本社-・茨城県笠間市-工場-・関東)

強化プラスチック(FRP)の北関工業 株式会社(埼玉県草加市・茨城県笠間市)
TOP > 会社沿革

会社沿革 「強化プラスチック(FRP)メーカーの北関工業 株式会社(埼玉県草加市-本社-・茨城県笠間市-工場-・関東)」

昭和42年
・東京都足立区にて現 代表取締役会長 鈴木嘉子 創業
   43年
・北関工業株式会社設立
   49年
・本社工場を現在地(草加市準工業地域)に新築移転
・日本初ACM(カーボン・ケブラー繊維仕様製品)製品製作
   50年
・茨城工場(旧水戸工場)新設
   55年
・RTM、コールドプレス成形導入
   57年
・熱可塑、真空・圧空成形導入
   58年
・三井精機工業マシニングセンターカバー機械工業デザイン賞受賞
・VARI(バキュームアシストRTM)成形導入
   59年
・(社)強化プラスチック協会CON-EXにてカヌー(カーボン・ケブラー仕様)製品賞受賞
   62年
・創業20周年記念式典、盛大に開催(於:品川パシフィックホテル)
・CFRP(カーボン繊維強化)リニアモーターカーボディー及び内装部品製作(埼玉博走行)
   63年
・CFRP(カーボン繊維強化)リニアモーターカーボディー及び内装部品製作
・(横浜博走行、(社)強化プラスチック協会CON-EXにて製品賞受賞)
平成02年
・500t SMCプレス他導入、設備拡充
・カーボン・フェノール製品(電車屋根)製作
   03年
・資本金4,000万円に増資
   04年
・茨城工場(3,000坪、工場3棟及び事務棟)新築、生産設備・福利設備拡充
・竣工式並びに創業25周年記念式典、盛大に開催
   05年
・埼玉県標準工場県知事指定
   06年
・切断ロボット開発導入
   07年
・本社事務棟新築、本社工場拡充
   08年
・資本金6,000万円に増資
東日本FRP工業会設立
   09年
・茨城SMC工場新築、茨城第3工場新築
・プリフォーム設備導入
   10年
・自社製品大型ユニットバス(1.75坪)新製品発売開始
   11年
・東京ディズニーシー・ボンボヤージュ、フェノール各種成形品製作・施工
   12年
・東京ディズニーシー・コロンビア号他、フェノール成形品製作・施工
   13年
・CFI大[ ひさし ](フェノール・カーボン仕様インフュージョン成形10m×20m)製作
   14年
・日本初2分割サーフボード製作、特許申請
・前社長 鈴木 嘉子 代表取締役会長に就任、前専務 星輝光 代表取締役社長に就任
   15年
・ISO9001-2000認証取得、登録番号0314
   16年
・大型成形品(インフュージョン成形)直径45m屋内プール天井製作
   17年
・弘前駅前バスターミナルCFI大[ ひさし ] (3m×120mフェノール・カーボン仕様インフュージョン成形)製作
・熱風式乾燥炉(200℃)・冷却ユニット(-25℃)設置
   18年
・超電導モーター用回転子(直径1m)製作
   19年
・草加モノづくりブランド製品認定第1号(CFI庇カーボン・フェノール大型製品)
・2輪バイクカウリング第1号機デザインから製作・販売
   20年
・埼玉県ベンチャー企業優良製品受賞(CFI庇カーボン・フェノール大型製品)
・CAD・CAMシステム、大型門型マシニングセンター(盤面2000×1200)導入
   21年
・資本金7,000万円に増資
・(独)産業技術総合研究所との共同開発により500L圧力タンク製作
・社員寮新築
   22年
・3mレドーム日本初RTMにて量産開始
・フィラメントワインディング機、センターレス研磨機 他 パイプ製造関連設備導入
・(独)産業技術総合研究所との共同開発により18L圧送タンク製作
   23年
・東日本大震災による工場の増改築及びイオン塗装ブース他設備増強
・FRP製品フィリピン生産依託開始
   24年
・鈴木会長、会長兼社長に就任、星社長フィリピンJHK社長に就任
・現地法人フィリピン工場(FRP-JHK CORP.)設立
・航空機部品の監査承認
・風力発電用ブレード(カーボン仕様)VARTM成形法確立
・太陽光パネル用FRP架台特許出願
・茨城県中小企業振興公社の開発支援により18L炭酸ガス圧送タンク製作特許出願
   25年
・フィリピン工場(FRP-JHK CORP.)操業記念セレモニー開催
・北陸新幹線グランクラス椅子の製作開始
   26年
・水耕栽培用農業プラント製品製作(幅200~1020㎜,総延長3720m)
   27年
・フィリピン工場増産により拡張、設備増強
・コンパクトホテル用カプセルルーム製作納入
・埼玉県、信州大学とCNT(ナノカーボン)共同研究開発開始